家庭教師の成功例


家庭教師の成功例について、ご紹介いたします。 こちらはある勉強が苦手だった中学生の話です。その子の親御さんは成績の伸び悩む我が子がずっと心配でした。 その子は小学校から集団で学ぶ塾に行かせていたのですが、塾に行っても身に入らず、勉強はできないままでした。 困った親御さんは塾を替えました。次の塾は個別指導と言う看板の個人塾でしたが、個別と言っても生徒数人と先生一人で、わからないことがあれば先生に聞くと言う形の個別指導なのでした。


何も聞かなければ、自学という自習のみです。その子はやる気はなく、わからないことさえわからなかったので、ただその場にいるだけという時間を過ごしていたのです。 もちろん、成績は伸びませんでした。 悩んだのは親御さんでした。そのとき、中2の終わりでしたので、内申書に成績が載る時期です。友人の紹介で偶然知ったのが、勉強を苦手な子専門の家庭教師でした。 子供を説得して家庭教師に替えたところ、その教師は子供の特性をよく理解し、その子の良い面に注目して寄り添ってくれたそうです。


決して否定的なことを言わないでくれたのがその子にとっては嬉しいことでした。何しろ、その子はその個性のために学校でも教師からはきつい言葉を言われるばかりでしたから。 そのようにして、月日は過ぎ、その子は無事に第一志望の高校に合格したのです。これは、ある一例ですが、同じように悩む親御さん、お子様も多いのではないでしょうか。 家庭教師だからこそできた教育法がこのように成功に結び付いた例です。ご参考になさって下さい。