家庭教師との良い関係


家庭教師と良い関係を築くにはどうしたらよいでしょうか。 子供を預けている親御さんとして、勉強を教わる生徒側として、また家庭教師側としても提案してみたいと思います。 親側としては教師を信頼すること、子供の勉強などで心配な事は隠さずに相談すること、テストの点数がたとえ悪くても恥ずかしがる必要はありません。 家庭教師は勉強の成績を上げるための存在ですから。そして、常識ですが、お月謝などは遅れずに支払う様にしましょう。


でもついうっかりと言う時もあります。 そのような時はすぐに謝って支払うなど、常識的に接することが大事です。一方、教わる生徒側としては、先生を信頼することですが、どうしても相性が合わないということもあります。 これは人間同士、仕方のないことです。そのような時は親御さんに話して、先生を替えてもらいましょう。このあたりは大人に任せれば大丈夫です。 そして、教師側としては子供と仲良くなることが何よりも大事ですが、親御さんとも話が出来る仲になることです。 生徒のことで心配な点があれば、何でも親御さんに話しましょう。隠してしまうと後で困ったことになります。


そして、これも当たり前のことですが、親御さん、生徒さんからの相談事項はよく聞き、外には漏らさぬようにしましょう。 このような事項を守ってお付き合いすれば、家庭教師と良い関係を持てるでしょう。何と言っても人間同士ですから、感情が大事なのです。 お互いに信頼できる関係であれば、子供の勉強にも何かしら良い影響が出るはずです。それぞれの立場を踏まえて家庭教師との良い関係に努めましょう。